葬儀と人々の考え方

葬儀は変化してきました


トップ

もっと情報一覧

葬儀の変化についての情報

葬儀のトレンドは個人とシンプル

葬儀は時代によって変化してきました。地域によって執り行われることはなくなり、事業として運営されるようになりました。また人々の宗教観や死生観の影響も受けています。最近の傾向としては以下のことが挙げられます。参列者が減って小規模になったこと。自宅が会場となることが少なくなったこと。画一的でない自分らしい式を望む人が増えたこと。事前に葬儀社を比較検討する人が増えたこと。独自の演出を取り入れた式、そうしたものを望まないならば低価格でシンプルな式というふたつの選択肢から選ぶという風潮があるように感じられます。

遺族の葛藤と四十九日

葬儀で四十九日といえば、喪明けとされ再び親族が集う日です。なぜこの期間に定められているのかというと、遺族にとって大きな心の危機を迎えるタイミングだからです。愛する家族を喪うことは凄まじいストレスなのですが、ある程度の時が経ったあとに遅れて襲ってきます。心が危機的状況に陥ると、一時的なバリアを張って乗り切ろうとするからです。葬儀の場で参列者のため気丈に振舞っていても、いつまでもバリアが保つわけではありません。遺族が懸命に心と闘っているときに、また近しい人たちが側に寄り添うことで生きる助けとするのです。

HOME | SITEMAP

© Copyright 葬儀は変化してきました. All rights reserved.